【徹底解説】新婚生活スタートに必要な費用の総額は?必要な家具家電は?

結婚

ご結婚おめでとうございます!

待ちに待った憧れの新婚生活!

楽しみがたくさんある反面、心配事も多いですよね。
その大部分を占めるのが「お金」ではないでしょうか。


お金の不安を解消することで未来はより明るくなります。
現実を見て解決策や貯金目標を定めればいいのです。

では新婚生活にかかる費用の総額はいくらなのでしょうか。

新婚生活にかかる費用の総額は、
約100万円と言われています。

僕たちも最近新婚生活をスタートさせましたが、総額で約80万円の費用がかかりました。

この記事では「新婚生活に必要な費用の総額」「必要な家具・家電」について徹底解説します。

以下のような方にオススメです!

  • 新居の契約に必要な初期費用を知りたい!
  • 新婚生活に必要な家具・家電を知りたい!
  • 新婚生活に必要な家具・家電の費用を知りたい!
  • 新婚生活の予算を立てたい!


この記事を読んで、幸せな新婚生活をスタートさせて下さい(^^)

スポンサーリンク

新婚生活に必要な費用は約100万円

新婚生活に必要な費用は約100万円

新居を契約する際の初期費用や引っ越し費用、さらには家具家電の購入費などでお金がかかります。

新婚生活に必要な金額はざっくり100万円です!

大手ウェディング情報サイトゼクシィの「新婚生活にかかった費用の調査」によると50万円〜150万円が上位を占めているようです。

だいたい100万円を見積もっておけば、スムーズに新婚生活の準備ができるでしょう(^^)

新婚生活!新居の契約に必要な初期費用

新婚生活!新居の契約に必要な初期費用

結婚が決まってから初めての共同作業!「部屋選び」や「家具・家電選び」は至福のひと時です。

新婚生活において愛の巣(二人で暮らす部屋)を決めるのが先決です。
部屋を決める前に、契約に必要な費用を知っておきましょう(^^)

新居の契約に必要な費用の詳細は以下の通りです。
(※地域やペット有無・車有無によって相場は変動します。)

内容相場
敷金家賃や修繕費用の支払いを担保する目的で、
大家さんに預けるお金。
1ヶ月〜2ヶ月
礼金文字通り。契約の際に大家さんへのお礼として
払うお金。
1ヶ月〜2ヶ月
前家賃翌月分の家賃をあらかじめ払う必要がある。1ヶ月
仲介手数料仲介会社に払うお金。0.5ヶ月〜1ヶ月
火災保険損害を補償してくれる保険会社に払うお金。
補償内容によって金額が変わる。
15,000円〜20,000円
鍵交換料新しい鍵に交換する際に発生する費用。15,000円
消毒料入居前に部屋の消毒をするためにかかるお金。15,000円〜20,000円
保証委託料保証会社への委託料。家賃の30%〜60%
新居の契約に必要な初期費用

家賃別のシュミレーション結果!(目安です。参考まで)

初期費用がどれくらいかかるか家賃別にシュミレーションをおこないました。

設定条件
・敷金、礼金、仲介手数料、前家賃 1ヶ月分
・日割り家賃 7日分
・火災保険料、鍵交換、消毒料 15,000円
・保証委託料 50%

家賃初期費用シュミレーション結果
70,000円約38万円
80,000円約43万円
90,000円約48万円
100,000円約53万円
110,000円約57万円
120,000円約62万円
初期費用シュミレーション結果

必見!初期費用を抑える方法!

初期費用って思ったより高いですよね^^;
でも大丈夫!ポイントをおさえることで初期費用を下げることは可能です!

僕たちも初期費用を10万円以上削減することができました(^^)
実際にやったこと↓↓

  • 礼金→1ヶ月分から0円に交渉成功。
  • 仲介手数料→1ヶ月から0,5ヶ月に交渉成功。
  • 消毒は未実施(内覧の時点で綺麗だったため)
  • 火災保険は自分で契約(指定の火災保険が高かったため)
  • その他初期費用に含まれていたサービスは全て入りませんでした。


不必要な費用を平気で請求してくる不動産はたくさんいます。
知識をつけて無駄なお金の出費は減らしましょう♪

知識をつけるのにオススメのサイトがあります。
NPO法人の賃貸トラブル助け隊さんの記事を見ることで、かなり費用を抑えることができます。
(退去費用や初期費用さらには引越し費用を抑えるポイントが網羅されています。)

新婚生活!家具・家電に必要な費用

家具・家電にかかる費用一覧

次に新婚生活に「必要な家具・家電」「費用」を紹介します。
どちらか(またはお互い)が一人暮らしをしている場合は、家具・家電を揃える前に既に使っている家具・家電をどうするか決めておく必要もあります。

新婚生活に必要な家具と費用

新婚生活に必要な家具と費用を一覧にまとめました。
(ニトリ公式ホームページを参考にまとめています)

必要な費用は総額で約50万円です。

必要な家具費用(目安)
ベッドフレーム(ダブル〜クイーン)5万円
マットレス(ダブル〜クイーン)10万円
テレビボード(120cm幅以上)3万円
ダイニングテーブル・チェア(2人〜4人)5万円
ソファー(2人〜3人)4万円
食器棚(80cm幅以上)5万円
ローテーブル2万円
時計1万円
マット類1万円
カーテン2万円
布団・寝具4万円
照明2万円
姿見(鏡)1万円
収納棚(100cm幅以上)3万円
バス・トイレまわり2万円
必要な家具と費用

マットレスはコアラマットレスがオススメです!
コアラマットレスについての記事も書いているのでぜひ参考にして下さい。

【レビュー】夫婦におすすめ!コアラマットレスのクイーンサイズを購入してみた!
睡眠に悩みを抱えているあなた。SNSで話題のコアラマットレスが気になっているのではないでしょうか?私たちは実際にコアラマットレスを購入してコアラマットレスの虜になりました(^^)この記事ではコアラマットレスのクイーンサイズを実際に買って、使用した感想をまとめています!

家具を安く買うポイント

・スマホ決済を活用する(ポイントを貯めてそのポイントで他の家具を買う)

・値下げ交渉をする

・まとめ買いをする

・アウトレット家具を選ぶ

・セール時期を狙う

・通販サイトで買う

新婚生活に必要な家電と費用

新婚生活に必要な家電と費用を一覧にまとめました。
(ビッグカメラ公式ホームページを参考にまとめています)

必要な費用は総額で約34万円です。

項目費用(目安)
テレビ(42インチ)6万円
洗濯機(7kg以上)6万円
ドライヤー1万円
冷蔵庫(300L以上)7万円
電子レンジ(20L以上)1万5千円
炊飯器(3〜5合)2万円
電気ケトル0,5万円
掃除機2万円
空気清浄機加湿器4万円
除湿機4万円
必要な家電と費用

家電を安く買うポイント

・スマホ決済を活用する(ポイントを貯めてそのポイントで他の家具を買う)

・下調べをする

・値下げ交渉をする(下調べした金額を伝える)

・まとめ買いをする

・型落ち製品を選ぶ

・セール時期を狙う

・通販サイトで買う

まとめ

本記事では「新婚生活に必要な費用の総額」「必要な家具・家電」を徹底的に解説しました。

新婚生活に必要な費用の総額は約122万円でした。

項目費用
新居の契約約38万円
家具約50万円
家電約34万円
合計約122万円
新婚生活に必要な費用まとめ

新婚生活を始めるのに意外とお金はかかります。
本記事では相場と実体験を元に計算していますが、実際にかかる費用は千差万別です。
もっと安くすることも可能でしょう。
安いからOK!という訳でもありません。

大事なのは、相場を知り2人でしっかりと話し合って準備をすることです♪
2人が納得した形で新婚生活をスタートさせましょう。

本記事を参考に、新婚生活の準備を進めていただければ幸いです。
それでは素敵な新婚生活をお過ごし下さい。

タイトルとURLをコピーしました