観葉植物(パキラ)は猫にとって有害?危険性は?!徹底的に調査してみた

観葉植物は私たちに癒しをあたえてくれます。
風水的にも良いと言われていますね。

そんな観葉植物ですが、
愛猫が食べてしまったり、誤って飲み込んでしまうことがあります。

愛猫が観葉植物を食べてしまうと嘔吐・下痢・呼吸困難などの中毒症状を引き起こしてしまう可能性があるのです。

今回は僕が飼っている観葉植物:パキラが猫にとって有害なのか?危険性はあるのか?
徹底的に調査しました。

結論から言うと、、、パキラは猫にとって危険度が低い観葉植物です。

【この記事はこんな方にオススメ】
・パキラって猫にとって安全なの?!
・パキラを育てているけど、猫と暮らすことになった!
・猫と暮らしているけど、観葉植物を買いたい!

スポンサーリンク

観葉植物:パキラってどんな植物?

観葉植物:パキラってどんな植物?

パキラはアオイ科パキラ属の常緑樹です。
別名「発財樹」と呼ばれており「お金を生み出す樹」「商売繁盛の樹」として親しまれています。
また育てやすい観葉植物として人気が高い観葉植物です。


観葉植物:パキラは猫にとって有害なの?

観葉植物:パキラは猫にとって有害なの?


パキラは「毒性がなく猫にとって安全」と紹介されている記事が多いようです。
種には毒性があるようですが、通常に育てていて種が出てくることはありません。
なので安心してパキラを育てる事ができます。

観葉植物:パキラは猫にとって危険性はあるの?

パキラは種に少し毒性がありますが、通常に育てる分に関しては危険度が低いです。
ただし、猫がパキラをかじって様子がおかしい場合は必ず獣医に相談してください。

最も注意しなければいけないのは猫がパキラを倒して怪我をしないようにすることです。
大きなパキラだと猫は幹に登って遊ぼうとします。
またパキラにはたくさんの葉がついています。揺れる葉で遊ぼうとしてパキラを倒してしまう危険性があります。

観葉植物:パキラと猫がうまく共存するには?

【置き場所】
・小さいパキラは高い場所に置く
・大きいパキラは倒れないように部屋の角や壁際に置く

【いたずら防止】
・鉢カバーをつける(猫は土いじりも大好きです)
・倒されないようにしっかりとした鉢で育てる

専門店でのご購入はコチラからどうぞ↓↓



タイトルとURLをコピーしました