観葉植物(サンセベリア)は猫にとって安全?危険?徹底的に調査してみた

観葉植物は私たちに癒しをあたえてくれます。
風水的にも良いと言われていますね。

そんな観葉植物ですが、
愛猫が食べてしまったり、誤って飲み込んでしまうことがあります。

愛猫が観葉植物を食べてしまうと嘔吐・下痢・呼吸困難などの中毒症状を引き起こしてしまう可能性があるのです。

今回は僕が飼っている観葉植物:サンスベリアが猫にとって有害なのか?危険性はあるのか?
徹底的に調査しました。

結論から言うと、、、サンセベリアは猫にとって危険度が低い観葉植物です。

【この記事はこんな方にオススメ】
・サンセベリアって猫と共存させていいの?!
・サンセベリアを育てているけど、猫と暮らすことになった
・猫と暮らしているけど、サンセベリアを買いたい!

スポンサーリンク

観葉植物:サンセベリアってどんな植物?

観葉植物:サンセベリアってどんな植物?

サンスベリアはキジカクシ科チトセラン属の多年草です。
葉が虎の模様に見えることから「虎の尾」とも呼ばれています。

またマイナスイオンを発し、部屋の空気をキレイにしてくれることから、
「清浄の樹」とも呼ばれています。

丈夫な植物で水をあまり必要としない為、栽培が簡単な観葉植物です。


↑↑丈夫な鉢植えで猫が倒す心配がありません!陶器の鉢植えは風水的にも良いと言われています(^^)

観葉植物:サンセベリアは猫にとって安全?

観葉植物:サンセベリアは猫にとって安全?

サンセベリアは猫にとって危険度が低く、わりと猫と相性の良い観葉植物です。

「犬や猫にとって安全」と紹介されている記事も多いようです。
無害と書かれている記事もありますが、完全に無害ではありません。
もし口にしてしまった場合は様子をしっかり見ましょう。

猫は葉が揺れると興味を持って遊んでしまいます。
サンセベリアは土からしっかりと生えているのでその心配も無さそうです(^^)

観葉植物:サンセベリアを猫が口にしたときの対処法は?

観葉植物:サンセベリアを猫が口にしたときの対処法は?

猫にとって安全と言われているサンセベリアですが、100%安全ということはできません。

口にしてしまうと口腔内に炎症を起こしたり、お腹を壊してしまう可能性もあります。

もし愛猫がサンセベリアを口にしてしまった場合は、様子を見て獣医師に相談するようにしてください。

観葉植物:サンセベリアと猫がうまく共存するには?

猫にとって安全と言われている植物でも、個体差があるため、注意が必要です。
愛猫がいる環境にサンセベリアを置く場合には、まず猫の安全を確保するために以下の注意をしましょう。

【置き場所】
・高い場所に置く
・倒れないように部屋の角や壁際に置く

【いたずら防止】
・鉢カバーをつける(猫は土いじりも大好きです)

鉢カバー付きでオシャレなサンセベリアも売っています。
安全に部屋に置く事ができます!部屋に置いて空気を浄化させましょう(^^)


タイトルとURLをコピーしました