観葉植物(ドラセナ・マッサンゲアナ)は猫にとって有害?!危険性は?

観葉植物は私たちに癒しをあたえてくれます。
風水的にも良いと言われていますね。

そんな観葉植物ですが、
愛猫が食べてしまったり、誤って飲み込んでしまうことがあります。

愛猫が観葉植物を食べてしまうと嘔吐・下痢・呼吸困難などの中毒症状を引き起こしてしまう可能性があるのです。

今回は僕が飼っている観葉植物:ドラセナ・マッサンゲアナが猫にとって有害なのか?危険性はあるのか?徹底的に調査しました。

結論から言うと、、、ドラセナ・マッサンゲアナは猫にとって危険度が高い観葉植物です。

【この記事はこんな方にオススメ】
・ドラセナマッサンゲアナを飼いたいけど愛猫に危険がないか心配
・ドラセナマッサンゲアナを飼っているけど猫と暮らすことになった
・猫に危険性のない観葉植物を知りたい

スポンサーリンク

観葉植物:ドラセナ・マッサンゲアナってどんな植物?

観葉植物:ドラセナ・マッサンゲアナってどんな植物?

ドラセナ・マッサンゲアナはキジカクシ科ドラセナ属に分類される常緑性の植物です。
「幸福の木」と呼ばれており観葉植物の中で最も人気があります。

「幸福」「幸せな恋」「隠しきれない幸せ」など幸せに関する花言葉を持っているのも「幸福の木」と呼ばれる理由のひとつです。

観葉植物:ドラセナ・マッサンゲアナは猫にとって有害なの?

観葉植物:ドラセナ・マッサンゲアナは猫にとって有害なの?

観葉植物:ドラセナ・マッサンゲアナは猫にとって危険性はある?

観葉植物:ドラセナ・マッサンゲアナは猫にとって危険性はある?

ドラセナ・マッサンゲアナの葉には強い毒性があります。
ドラセナ・マッサンゲアナは「幸福の木」として贈答用や部屋のインテリアとしての人気が高い観葉植物ですが、猫にとっては相性の良くない観葉植物かもしれません。
「猫にとって危険」と書かれている記事も多くあがっています。

ドラセナ・マッサンゲアナを飼う際は愛猫が葉をかじらないように十分注意しましょう。

観葉植物:ドラセナ・マッサンゲアナを猫が口にした時に起こす症状と対処法

観葉植物:ドラセナ・マッサンゲアナを猫が口にした時に起こす症状と対処法

ドラセ・マッサンゲアナの葉は猫にとって危険な毒を多く含んでいます。

その成分が皮膚に触れると刺激になり皮膚炎が生じる可能性があります。
ドラセナ・マッサンゲアナの葉を口にしてしまうと「唇、舌、口腔内(こうくうない)の激しい炎症」「よだれを垂らす」「嘔吐」「下痢」「痺れ」などの症状を起こす可能性があります。
また喉が腫れ呼吸困難を引き起こしたり、急性腎不全を引き起こしてしまう可能性もあります。

もし愛猫がドラセナ・マッサンゲアナを口にしてしまったら様子を見て必ず獣医師に相談するようにしてください。
摂取した観葉植物の写真や名前、量や時間などをメモしておくとよいでしょう。

観葉植物:ドラセナ・マッサンゲアナと猫がうまく共存するには?

・猫が触れられない高い場所に置く
・猫が入らない部屋やベランダに置く
・猫が葉に届かないよう、背が高いドラセナ・マッサンゲアナを置く
・観葉植物スタンドを活用する
・周りに猫よけシートを敷く

できる限り部屋に置かないのが望ましいですが、工夫次第では共存は可能です。
ぜひ色々な方法を試してみてください(^^)




タイトルとURLをコピーしました