観葉植物(モンステラ)は猫にとって有害?!危険性は?徹底的に調査してみた。

観葉植物は私たちに癒しをあたえてくれます。
風水的にも良いと言われていますね。

そんな観葉植物ですが、
愛猫が食べてしまったり、誤って飲み込んでしまうことがあります。

愛猫が観葉植物を食べてしまうと嘔吐・下痢・呼吸困難などの中毒症状を引き起こしてしまう可能性があるのです。

今回は僕が飼っている観葉植物:モンステラが猫にとって有害なのか?危険性はあるのか?
徹底的に調査しました。

結論から言うと、、、モンステラは猫にとって危険度が低く、安全な観葉植物です。

【この記事はこんな方にオススメ】
・モンステラを飼いたいけど愛猫に危険がないか心配
・モンステラを飼っているけど猫と暮らすことになった
・猫に危険性のない観葉植物を知りたい

スポンサーリンク

観葉植物:モンステラってどんな植物?

モンステラはサトイモ科モンステラ属に分類されるツル性の植物です。
葉が大きく、切れ込みが入っていたり、穴が開いていて独特な形をしているのが特徴です。
ハワイの言葉で「湧き出る水」という意味があり、「幸運が次々に湧いてくる」とも言われています。


風水に良い観葉植物についての記事はコチラ↓↓

風水に良い観葉植物【オススメ5選】
観葉植物は風水的にとても良いとご存知でしょうか?この記事では風水に良いオススメの観葉植物を紹介します。観葉植物を育てて素敵な生活を送りましょう。

観葉植物:モンステラは猫にとって有害なの?

観葉植物:モンステラは猫にとって有害なの?

猫にとって有害なシュウ酸カルシウムを葉と茎に含んでいます。
しかし、葉が大きいので食べるものと認識しない場合がほとんどです。
「猫に安全な植物」として紹介されている記事もよく見かけます。

観葉植物:モンステラは猫にとって危険性はある?

有害なシュウ酸カルシウムを含んでいますが、危険度は低いです。

それよりも、倒れないように注意してください。
モンステラの大きい葉が揺れると好奇心旺盛な猫はその揺れた葉で遊ぼうとします。
遊んでいる時に倒れてぶつかってしまうと怪我をする危険性があります。

観葉植物:モンステラを猫が口にした時に起こす症状と対処法

モンステラは葉と茎に猫にとって有害なシュウ酸カルシウムを含んでいます。
その成分が肌に触れると刺激になり皮膚炎が生じる可能性があります。
また、かじって口にすると口腔内(こうくうない)の灼熱感(しゃくねつかん)などの中毒症状を引き起こす可能性があります。

猫にとって危険度は低いと言われているモンステラですが、猫が口にしてしまったら様子を見て、獣医師に相談するようにしてください。

観葉植物:モンステラと猫がうまく共存するには?

猫にとって危険性が低いと言われている植物でも、個体差があるため、注意が必要です。
猫がいる環境にモンステラを置く場合には、まず猫の安全を確保するために以下の注意をしましょう。

【置き場所】
・高い場所に置く
・風に揺れない場所に置く

【転倒防止】
・猫が遊んだ場合に倒れないようにしておく

【いたずら防止】
・鉢カバーをつける(猫は土いじりも大好きです)



観葉植物(ポトス)は猫にとって有害?!危険性は?徹底的に調査してみた。
観葉植物(ポトス)は猫にとって危険性の高い観葉植物だと言うことをご存知でしょうか。この記事ではポトスが猫にどのような害を与えてしまうかについて解説しています。また愛猫がポトスの葉を口にした場合の対処法などをまとめています。
タイトルとURLをコピーしました