【おすすめ】ふるさと納税には日用品を!岩手県一関市の返礼品(トイレットペーパーとティッシュ)

日常

みなさん、ふるさと納税の制度についてご存知ですか?
ふるさと納税は好きな自治体に納税できる制度です。
そして返礼品をもらえる自治体が多くあります。

しかも実質負担が2,000円で返礼品が貰える超絶お得な制度です。

2,000円を除いた納税金額が翌年の住民税から控除されます。
(年収や家族構成によって控除される上限が決まる)

返礼品を地域の特産品にしている自治体が多いですが、スポーツ用品や日用品を返礼品にしている自治体もあります!

今回は岩手県一関市からいただいた返礼品について紹介いたします(^^)

スポンサーリンク

岩手県一関(いちのせき)市から届いた返礼品

岩手県一関(いちのせき)市からいただいた返礼品はこちらです!!

岩手県一関(いちのせき)市から届いた返礼品

■トイレットペーパー(ダブル)48個
■BOXティッシュ30箱

※東北で回収した古紙を東北でリサイクルした再生紙100%のトイレットペーパーと、便利なパルプ100%BOXティッシュのセット

寄付額:10,000円

ふるさと納税返礼品が日用品のメリットとデメリット

ふるさと納税の返礼品はお肉やお酒などのイメージが強いですが、普段から使う日用品という選択肢もあります。ふるさと納税の返礼品を日用品にするメリットとデメリットは以下の通りです。

・生活費を浮かせることができる

・買いに行く手間が省ける

・収納場所を確保する必要がある

ふるさと納税の返礼品で日用品を手に入れると、節約になります。
また、買い物に行く手間が省けるのでとても楽です。
大量に来るのでストックを切らす心配もありません。

ただ、大量に来るので置き場所に困ってしまうというデメリットがあります。

私が岩手県一関市を知り、納税しようと思ったきっかけのツイート(配当くんさん)↓

岩手県一関(いちのせき)市ってどんなとこ??

引用:一関市公式アカウント

自分が納税をする市町村についてはしっかりと知っておきましょう!
ふるさと納税がさらに楽しくなりますよ(^^)

岩手県一関(いちのせき)市は、岩手県の最南端に位置する市で、南は宮城県、西は秋田県と接しています。人口は約11万7千人です。

文化と自然が共生している美しい市内で観光スポットも多くあります。
アクセスも良く、新幹線を使えば仙台まで21分、東京までも最短2時間程度の所要時間です。

いち旅 | 一関市公式観光サイト【いちのせき観光NAVI】
岩手県一関市の公式観光サイト。観光スポットやモデルコース、イベント情報など一関・平泉の観光に関する様々な情報を紹介しています。一関・平泉へどうぞお越しください!
タイトルとURLをコピーしました