【お酒で失敗しないための教科書】〜お酒で失敗しないための予防と対策と心構え〜

日常

お酒での失敗・・・その時の自分を思い出すだけで恥ずかしさと後悔で胸が苦しくなりますよね。思い出せるならまだしも、「記憶が無い」となると恐怖すら感じます。「もう一生お酒なんて飲むもんか!」そう思っても、また繰り返してしまう・・・こんな経験はありませんか?そんな方はぜひこの記事をご一読ください。

あの日の夜をもう一度やり直したいと思うかもしれませんが、残念ながら人に迷惑をかけ、醜態をさらしたという事実を無かったことにすることはできません。しかしこの失敗を「経験」として捉え、今後お酒での失敗を無くすことはできます。禁酒とまでは言いませんが、お酒との付き合い方を変えていきましょう。

お酒で失敗しないために覚えておきたい名言

「酒は飲んでも飲まれるな」
「酒は戻せても人生戻せない」
「飲んだ酒に罪は無い。飲み過ぎたお前に罪があるのだ」

お酒を飲む前にするべきこと

お酒を飲む前にするべきこと

ウコンやヘパリーゼ等の栄養剤を飲む

ウコンやヘパリーゼなどの肝臓強化剤を必ず飲酒前に摂取しましょう。
肝臓強化剤に含まれるクルクミンという成分は胆汁の分泌を促しアルコールとアセトアルデヒドの分解を早める作用があります。また肝臓への負担を軽減する効果があり、二日酔いの防止にもつながります。

空腹を避ける

飲む前には必ず少量でも何かを食べるようにしましょう。
胃が空の状態でお酒を飲むと、急激にアルコールを吸収することで血中アルコール濃度が急激に上昇してしまいます。肝臓がアルコールを処理できなくなり、代謝がおいつかなくなることにより酔いが回ってしまいます。

<オススメ>
牛乳、チーズなどの乳製品・・・飲酒前にタンパク質が豊富な乳製品を取り入れることで、アルコールの分解が早まりやすい。
ナッツやオリーブオイルなどの脂肪を多く含む食べ物・・・アルコールの吸収を抑えやすい

飲酒中に気をつけること

飲酒中に気をつけること

必ずチェイサーを飲む

合間に必ず水を飲むようにしましょう。水を飲むことにより、体内のアルコール度数が薄くなり酔いのスピードを抑える効果があります。また水を飲むことによりお口の中がリフレッシュされ、より美味しくご飯を食べることができます。
「お酒を3杯飲んだら水を1杯飲む」などのマイルールを決めておく(仕組み化する)ことをオススメします。

周りのペースに合わせない

自分のペースでゆっくりと飲みましょう。適量を自分のペースで飲むのが大人のお酒の嗜み方です。自分が飲まないと雰囲気が悪くなることがあるかもしれませんが、断る勇気も必要です。断っても強引に飲ませてくる人とは飲みに行かないようにしましょう。その人のために自分の体を犠牲にする必要はありません。

食事を積極的に食べる

飲む前に少量でも何かを食べておき、飲んでる最中も積極的に食べましょう。アルコールの吸収を遅らせ、肝臓への負担を軽減することができます。食べ物は良質なタンパク質やビタミンが豊富な冷奴や枝豆もオススメです。

なぜお酒で失敗をしてしまうのか

なぜお酒で失敗をしてしまうのか

ブラックアウト(脳の軽い意識障害)を起こしてしまうからです。ブラックアウトは、アルコール含有率の高いお酒を早いペースで飲むなどして、血中アルコール濃度が急激に上昇した時に起こりやすくなります。
参照:「飲んで記憶がない、こんな飲み方は脳にダメージ:yomiDr

まとめ

まとめ

お酒に関して自分を守ってくれるのは自分だけです。人に迷惑を掛けたり、自分の体を壊すような飲み方はやめましょう。「お酒のせいで人生が台無しになった」ではなく、「お酒のお陰で素敵な時間を過ごすことができた」と言えるように、お酒は楽しく飲みましょう。


タイトルとURLをコピーしました