【北九州の最強パワースポット】篠崎八幡神社※縁結び・恋愛成就※

神社

今回は福岡県北九州市にある篠崎八幡神社について紹介します。

境内に祀られる『蛇の枕石』には、大蛇と女蛇との素敵な恋の神話が宿ります。
恋愛成就・縁結びを願う人々は本宮篠崎八幡宮にお参りしたあと、『蛇』から『龍』、すなわち『蛇の枕石』から『雲龍殿賀茂宮』へとお参りをし、大神様の『お導き』を授かりましょう。

篠崎八幡神社入口

蛇の枕石の神話について

ぼうや
ぼうや

蛇の枕石の神話について教えてくださーい!!

おっさん
おっさん

むかぁし、むかし。紫川に蛇渕というところがあってな、一匹のたいそう気の荒い大蛇が棲んでおった。

いつもいつも悪さばかりするもんじゃから、村人はほとほと困っておった。

ある日、村人たちは篠崎神社の宮司さんに相談したところ、「八雲の社を祀れば、きっと悩みも消えるであろう」という神様のお告げが聞こえてきたんじゃ。

そこで村人たちは社を建て、宮司さんがお祭りをすると、不思議なことに紫色の雲が棚引き、たちまち大蛇はおとなしい、やさしい大蛇になったそうな。

しばらくすると、この大蛇も年頃になって、貴船渕で美しい女蛇に出会い、雷に打たれたようにすっかり恋に落ちてしまったんじゃと。二匹は、それはそれはたいそう仲良く暮らしておったが、ある日女蛇は貴船の神様の急なお使いで、海の向こうまで出かけることになったんじゃ。

あまりな急なお使いじゃったから、女蛇は大蛇に会わぬままで出かけてしもうた。
そうとは知らぬ大蛇は、待てど暮らせどいっこうに現れぬ女蛇恋しさに、とうとう大きな石を枕に横たわり、わんわんと大泣き始めたそうな。毎夜毎夜大石は、大蛇の流す涙でぐっしょり濡れ光るほどじゃった。あんまり悲しげに泣くもんじゃから、八雲の神様は哀れに思ってな、大蛇を竜神に姿に変えて女蛇の元に導いてやったそうな。

村人は、大蛇が枕にして泣いた石を「蛇の枕石」、「夜泣き石」と呼んで、恋に悩む若者は恋愛成就に、子供の夜泣きに悩むものには夜泣き封じに霊験あらたかと、大事におまつりしたんじゃと。

八雲の神様と大石は、いつまでも篠崎八幡神社の境内にあるそうな。

ぼうや
ぼうや

そうなんだ。大蛇と女蛇が最終的に結ばれて良かった。
だから『蛇の枕石』から『雲龍殿賀茂宮』へとお参りをすることで、大神様の『お導き』を授かることができるんだね。

蛇の枕石についての説明
蛇の枕石

生きている?!蛇の枕石の神秘について

『蛇の枕石』の神秘


境内に祀られる『八雲社』と共に850年篠崎八幡神社が現在の宮尾山にご遷座する由来となった大石『蛇の枕石』。北九州の民話としても紹介され、故事に基づき、今でも『八雲社』は、厄難・縁結び、『蛇の枕石』は、恋愛成就・子供の泣き封じ・安穏祈願として崇敬されています。

又、『蛇』は、地・田・水・知恵の神と呼ばれるほか、富(金)にも御利益があると言われており、篠崎八幡宮は、金運上昇、商売繁盛などを祈念する参拝者も訪れます。

生きている『蛇の枕石』

近年、この『蛇の枕石』から、あたかも「大蛇が竜神となり、恋愛成就し天に昇る」かのごとく自然と木が生えてきたようです。この枝には恋みくじがたくさん結ばれており、たくさんの方が恋愛成就を祈念しております。

霊石の力石について

おっさん
おっさん

「子安成長」「立身出世」の御利益のある霊石「力石」も崇敬されておるんじゃ。

力石の説明
力石

神秘的な空気に包まれる篠崎八幡神社の風景

本宮
雲龍殿賀茂宮

篠崎八幡神社の御朱印

御朱印(500円)

篠崎八幡神社へのアクセス

アクセス

〒803-0861
福岡県北九州市小倉北区篠崎1-7-1

■紫川インターチェンジに隣接 
■JR日豊本線南小倉駅から徒歩10分

タイトルとURLをコピーしました