観葉植物(ポトス)は猫にとって有害?!危険性は?徹底的に調査してみた。

観葉植物は私たちに癒しをあたえてくれます。
風水的にも良いと言われていますね。

そんな観葉植物ですが、
愛猫が食べてしまったり、誤って飲み込んでしまうことがあります。

愛猫が観葉植物を食べてしまうと嘔吐・下痢・呼吸困難などの中毒症状を引き起こしてしまう可能性があるのです。

今回は僕が飼っている観葉植物:ポトスが猫にとって有害なのか?危険性はあるのか?
徹底的に調査しました。

結論から言うと、、、ポトスは猫にとって危険度が高い観葉植物です。

【この記事はこんな方にオススメ】
・ポトスを飼いたいけど愛猫に危険がないか心配
・ポトスを飼っているけど猫と暮らすことになった
・猫とポトスを共存させる方法を知りたい

スポンサーリンク

観葉植物:ポトスってどんな植物?

観葉植物:ポトスってどんな植物?

ポトスとは、サトイモ科ハブカズラ属に分類されるつる性の多年草です。
日光と水をあまり必要とせず栽培が容易なことから観葉植物として幅広い層から人気があります。

「永遠の富」という花言葉もあり、金運をあげるアイテムとして銀行や企業でもよく飾られています。
花屋さんやホームセンターにもよく売っていて、手に入れやすい観葉植物です。

<風水におすすめの観葉植物はコチラ

観葉植物:ポトスは猫にとって有害なの?

観葉植物:ポトスは猫にとって有害なの?

ポトスの葉は猫にとって有害なシュウ酸カルシウムを葉に多く含んでいます。
ポトスは入手しやすく人気な観葉植物ですが、猫とは相性が悪い観葉植物ですが、「猫にとって危険」と書かれている記事も多くあがっています。
実際に愛猫がポトスを口にして危険な目に遭ったという方もいらっしゃるようです。

観葉植物:ポトスを猫が口にした時に起こす症状と対処法

ポトスの葉は猫にとって有害なシュウ酸カルシウムを葉に多く含んでいます。

その成分が皮膚に触れると刺激になり皮膚炎が生じる可能性があります。
ポトスの葉を口にしてしまうと「唇、舌、口腔内(こうくうない)の激しい炎症」「よだれを垂らす」「嘔吐」などの症状を起こす可能性があります。
また喉が腫れ呼吸困難を引き起こしたり、急性腎不全を引き起こしてしまう可能性もあります。

もし愛猫がポトスを口にしてしまったら様子を見て必ず獣医師に相談するようにしてください。
摂取した観葉植物の写真や名前、量や時間などをメモしておくとよいでしょう。

観葉植物:ポトスと猫がうまく共存するには?

猫がいない環境で育てることをオススメします。
ポトスは日光が好きですし、真冬以外は外でも十分に育てる事が可能です。
真冬に室内で育てる場合は愛猫が絶対に触れられない場所に置くなどの工夫をしましょう。

モンステラは葉が大きく、口にすることが難しいため猫にとって危険性が低い観葉植物と言われています。

観葉植物(モンステラ)は猫にとって有害?!危険性は?徹底的に調査してみた。
観葉植物は私たちに癒しをあたえてくれます。風水的にも良いと言われていますね。そんな観葉植物ですが、愛猫が食べてしまった...

タイトルとURLをコピーしました